danの暇人ブログ

こんにちはぁぁぁぁぁ。主に趣味や雑談などを投稿していまス。最近はVtuberにハマっていまス。Youtube配信もしておるんや。



極ベヒーモス強すぎワロタ


投稿日:2020年6月7日18:39
更新日:2021年8月9日19:05

極ベヒーモス強すぎん...???

...こんにちは。なんか投稿が遅くなりすぎました。

どうも時間がなくてですね...。

でもこうやって投稿自体は続けていきます。


...というわけで、「モンスターハンターワールドアイスボーン」自体は配信を続けております。

実はメインストーリーは無事エンディングまで行きました。

この話はまた別の記事でお話します。

で、今はアフターストーリーや極ベヒーモスと戦っているのですが、タイトル通り極ベヒーモスが強すぎて勝てません...。

何なんですかね、あの強さは。

第一エリアはまあ普通に行けるのですが、第二エリアから頭のおかしい行動をしてきます

いくつかあげていきます。

ミールストーム

まあこれは第一エリアから使ってきますが、あたおか行動のメインですよね

極ベヒーモスのミールストームは通常のベヒーモスのミールストームとは少し違います。

具体的に言いますと、ミールストームの発動時間が短くなっております

私の体感的に通常のベヒーモスのミールストームは発動まで約5秒ぐらいかかってますが、極ベヒーモスの場合はその半分程度になっております

これが結構効くんですよね。

私ランスでベヒーモスと戦っているのですが、通常のベヒーモスの場合はミールストームの準備中に

  • 突き→突き→突き→バックステップ→突き→突き

  • ぐらいの攻撃ができるんですよ。

    ですが極ベヒーモスの場合は、

  • 突き→突き

  • しか攻撃できないんですよ。

    発動が早すぎてそれ以上攻撃すると大体ミールストームの餌食になります。

    これ以外にもデメリットがあるんですよ

    ミールストームの準備中ってベヒーモスの頭が下がるので、頭を攻撃しやすく敵視を狙うチャンスなんです。

    発動時間が短いだけで敵視を狙うチャンスも少なくなってきます。

    そして第二エリアは20秒に一回ミールストームを使ってくるので早急に敵視をとらないとフィールドがカオスなことになります。

    さらに極ベヒーモスの場合は閃光弾が二回しか効かないのでそうポンポンと閃光弾で阻止はできません

    ミールストームの対処に失敗すると、

    ミールストームのダメージを受けてハンターが吹っ飛ぶ。

    その先にミールストームがありまたダメージを受けて吹っ飛ぶ...


    のようなピンボール無限コンボでやられることもザラです。

    この無限コンボに近い状況もあります。

    ベヒーモスのメテオなど何か攻撃を受けて体力がギリギリになりハンターが吹っ飛んだ先にミールストームがあると、ハンターが起き上がった瞬間にそのままミールストームによって力尽きます。

    いわゆる起き攻めですね。

    これでやられたこともあるのでストレスがマッハです。

    そしてなぜかベヒーモスがミールストームの中から動かずそこからひたすらに攻撃してくることもあります

    こちらからは手が出せずに一方的に攻撃を仕掛けてくるので、こういう時はおとなしくコントローラをぶん投げましょう

    対処としましては、難しいでしょうが早急に敵視をとりましょう。

    先ほども話しましたがミールストームの準備中は頭を狙うチャンスなのでその間にダメージを稼いで敵視をとりましょう。

    タックル

    このタックルも第一エリアから使っては来るのですが、第二エリアでは猛威を振るってきます

    まずこのタックルは結構な距離をタックルで移動するのでベヒーモスが壁際に行くことがよくあるんですよ。

    それでハンターが攻撃を受けた際は壁際に強制的に移動させられて、そのまま壁際でハメ技でやられます。

    壁際にタックル→ミールストーム発動→壁際でミールストームの逃げ場がなくそのまま乙なんてこともあります

    もしかしたら経験したこともある方がいるのではないでしょうか。

    そして第二エリアでは私の立ち回りが悪いのかベヒーモスがタックルでミールストーム内に突っ込むことが多いです。

    せっかくベヒーモスをミールストームから離したのに、あいつ自らミールストームに突っ込んでいくんですよ。

    そうしたらもうこちらから攻撃できません。おとなしくコントローラを壁にぶん投げましょう

    このタックルって怒っているときは出が早いので対処が結構難しいんですよね。

    被弾して壁際でそのままやられます。

    対処としましては、他の武器では方法は分かりませんがランスなら

  • まず攻撃はベヒーモスに対して斜め前を向いて左腕または右腕を攻撃する

  • ランス立ち回り1

    この立ち回りは第三エリア以外では通用すると思います。

    第三エリアではある攻撃があるので斜め方向からの攻撃はお勧めしません

    もしタックルをしてきた場合は、ランスの攻撃中に普通のR2のガードでは間に合わないことがあるのでR2+△+Lスティックでできるガードダッシュがおススメです。

    このガードダッシュは通常のガードより出が早いので、タックルに間に合う可能性が非常に高いです

    ですが、ランスの攻撃途中にタックルされたら普通に間に合わないですし、ガードダッシュの方向をLスティックで決めるのですが、間違えて後方入力をしてしまいますとベヒーモスに背中を向けてガードダッシュしてしまいますのでタックルを直に受けます

    なのでガードダッシュの方向はそのままベヒーモスにダッシュするようにLスティックを前方に入力するといいです。

    タックル自体は慣れてくるとある程度防げるのですが、タックルを回避した後に大体ベヒーモスの後ろ側にハンターがいるような立ち位置になります。

    こうなるとベヒーモスの頭や腕が狙えないですし、回転攻撃の連発やそのままミールストームの発動をしてくることが多々あるのでそっちのほうが厄介なんですよねぇ...。

    タックルの後にベヒーモスが素直に頭をこっちに向けてくれるか、それ以外の攻撃に派生するかは運なので祈りましょう

    回転攻撃

    この攻撃もストレスマッハの1つです。

    ベヒーモスの後ろ側にいると使ってくる頻度が高いと思っていたのですが、この攻撃って普通に正面にいても使ってくるんですよ

    でもやはり後ろ側にいるときの方がメチャクチャ使ってきます。

    ヤバいです。

    なにがヤバいのかっていうと、連続で使ってきます。それも5回連続とか

    いや頭おかしすぎんだろ。

    なんでそんな連続でやってくるんだよ...。

    この攻撃、ランスでガードしても体力がゴリゴリ削れるんですよ。

    なので連発で使われると体力も減るし、スタミナ回復も間に合わなくなりそのまま力尽きるなんてことも普通にあります。

    私のベヒーモスだけなんですかね、こんなに連発で使用してくるの...

    ほんとに意味わからん。この攻撃に時間を稼がれまくってんですよ...

    そしてそのままミールストームをやられたときはもう...コントローラが宙を舞います

    あとはタックルでハンターがベヒーモスの後ろ側になった場合、回転攻撃に派生することも多々あります。

    そこから回転攻撃地獄に...なんてこともよくあります。

    特に怒っているときがヤバいですね。攻撃頻度が高くなります。

    もう対処はフレーム回避を極めるか、ランスの場合はカウンターなどでなんとかしのぎ切りましょう

    ちなみに尻尾を切断すると攻撃範囲が大きく減るらしいので尻尾切断も一つの手段かもしれません。

    くたばれ回転攻撃。

    サンダーボルト

    これも回転攻撃同様大罪の技です

    サンダーボルトは第二エリア・第四エリアで使ってきます(確か)。

    この攻撃はランスだと「ガード強化」がないとそもそもガードすらできません。

    最初に出が早いサンダーでハンターをひるませて、そのあとに大ダメージのサンダー攻撃をしてきます。

    この二回目のサンダーはランスでガードすると回転攻撃同様反動がでかいです

    スタミナがゴリゴリ削れて体力も持っていかれます。

    そのくせメチャクチャ連発してきます

    なので回転攻撃同様この攻撃は大罪・ストレスマッハです。

    また回転攻撃とは違い遠距離にも届く攻撃なので、下手すりゃもっと厄介な攻撃です。

    連発されるとベヒーモスに全く近づけなくなるんですよね。

    それどころかどんどん引き離されます。

    対処としてはランスの場合は、

    ベヒーモスとの距離が近い場合一回目のサンダー攻撃をガードダッシュで近づく

    その後に〇ボタンで飛び込み突きで一気にベヒーモスと距離を縮めてサンダーボルトの攻撃範囲に逃れる。


    距離が遠い場合、気合で耐える、またはわざと攻撃をくらってなんやかんや凌ぐぐらいですかねぇ...。

    ほんとにサンダーボルトやめてくんねぇかなぁ...。

    拘束攻撃(第三エリアで使用)

    この攻撃は第三エリアでのみ使用してきます。

    厄介な攻撃なんですが、同時にチャンスでもあります

    この攻撃を避けた後はベヒーモスの硬直時間が長いので反撃タイムです。

    ただ食らってしまうと裂傷やられ+拘束ダウンを食らってしまうので閃光弾がない場合はほぼ100%追撃でやられます

    太刀の場合は見切り切りで簡単に対処できるのですが、ランスは機動力もないのでそう簡単に対処できません。

    じゃあランスは絶対に食らってしまうのかって言われるとそういうわけでもありません

    ランスでの第三エリアの立ち回りは、

  • ベヒーモスに対して垂直方向でベヒーモスの腕を攻撃し続ける

  • がベストですね。

    第二エリアでは斜め方向ですが、第三エリアでは垂直方向です。

    で、ベヒーモスが拘束攻撃のモーションで頭を上にあげたときにR2+△+〇で横方向に突進してベヒーモスの拘束攻撃範囲から逃れます。

    それか拘束攻撃を仕掛けてきた瞬間に、ベヒーモスに対して横方向+腕あたりに向かって×ボタンで前進ステップで回避します。


    この二つがランスで回避する方法です。

    しかし、これは常に拘束攻撃が来るということを頭に入れておかなければなりません。

    じゃないとランスでの攻撃から突進による退避のコマンド入力が間に合わなくなったりします。

    また前進ステップによる回避は練習しないと失敗する確率が高いです。

    私自身もまだ8割程度しか成功しません。

    そしてステップによる回避はベヒーモスの腹あたりで行うと、拘束攻撃判定が腹にもあるので失敗します。

    あとは突進をしたと思ったのにボタンの押しミスか「なぎ払い攻撃」が出てしまって攻撃を食らってしまうなんてこともあります。

    事故もよくありますがチャンスでもあるので回転攻撃やサンダーボルトほどのストレスはないですね。

    ですが厄介な攻撃の1つです。

    いまだに勝てない極ベヒーモス

    とまあこんな感じでストレスがたまる攻撃をいくつか挙げたのですが、共感する人もいたのではないでしょうか笑??

    とりあえず現時点では第三エリアまで行けているのですが、DPSチェックがクリアできません。

    このDPSチェックは極ベヒーモスから導入されたシステムなんですが、第三エリアで一定以上のダメージを一定時間内に与えないとコメットなしでエクリプスメテオを連発してくるシステムです

    私はこれをクリアできていないので単純にダメージを与えられていないってことなんですよ。

    肉質の硬い腹とかに攻撃してしまっているので、もっと腕とかに攻撃できるように立ち回りを研究する必要がありますね。

    あとは拘束攻撃を100%対処できるようにしなければならないし、ベヒーモスの攻撃を耐えるだけで精一杯になり反撃するチャンスがないときもあるので練習して慣れるしかありません。

    さらにクエストの時間も30分しかないので単純にこちらの手数を増やせるようにしなければなりません。

    なにはともあれいつか極ベヒーモスをソロ討伐できるようになりたいです...。

    また初ソロ討伐するときは配信でしたいですねぇ...。


    管理人「もっとだ…!もっと、はやく!」

    ・カテゴリ 雑談
    ・タグ 日常

    (0)

    コメントを投稿する


    最新記事








    月別アーカイブ


    プロフィール
    このサイトを運営している「dan」と申します。
    私の趣味や雑談等を主に投稿しています。


    管理人
    更新情報&つぶやき

    プライバシーポリシー